有害鳥獣ハンター養成塾


平成26年度から実施しているハンター養成塾では、若手狩猟者を確保、育成するため、年4回の講座を行っています。
受講生は、市町からの推薦を受け毎年5月頃に決定します。
(わな講座・銃猟講座 各定員各20名)
狩猟免許・銃砲所持許可を取得した受講者には、免許、許可の取得経費が補助されます。


ハンター養成塾の講義

ハンター養成塾の講義

ハンター養成塾の講義


鳥獣害対策指導者研修


県下で鳥獣害対策にあたる県、市町、団体の職員を対象に、制度や技術を学ぶ研修会を開催しています。


指導者育成研修の講義


参考動画(タイトルをクリックください。)
  • ハンター養成塾の講義
    ㈱野生鳥獣対策連携センター阿部豪氏
    (本マニュアル監修者)
    阿部氏は、野生鳥獣対策の第一人者として全国で調査、研究活動に取り組まれています。

  • ハンター養成塾の現地研修
    獣肉処理加工施設「高縄ジビエ」
    ハンター養成塾では、座学だけでなく、関係者の協力を得て、年2回の現地研修がカリキュラムに組まれています。

  • ハンター養成塾の現地研修
    現役狩猟者との意見交換「西条イノハン会」
    高い技術を持つ狩猟者との交流により、狩猟者としての心構えや狩猟の魅力を学ぶことができます。

  • 指導者育成研修
    県農業普及員による県内優良事例の発表
    県、市町、団体の鳥獣害対策担当者を対象とした研修会では、県下の取り組み事例等が報告されています。